在宅フリーランスの仕事の獲得方法とは

自営業として、特定の企業に雇用されることなく自らの営業力で仕事を獲得するフリーランス。勤め先の会社に出勤する必要がないため、自宅はもちろん、カフェなど、インターネット環境さえあれば幅広いワークスタイルをとれるのも魅力の一つだ。

在宅フリーランスがどのように仕事を取っているのかと言えば、例えば、ますます広がりを見せているのがクラウドソーシングなどのツールが挙げられる。マッチングサイトなどに登録し、さまざまな案件が集まる中で自分のスキルに照らし合わせ、実施可能な案件に対して見積もりを提出して依頼を獲得する、という形が一般的だ。
受けることが出来た仕事が単発案件でも、作業の質などでクライアントに気に入られれば、その後に発生した案件を、そのクライアントから優先的に受注可能かどうか打診してもらえる可能性もあるだろう。フリーランスは1件1件の仕事で信用を積み重ねることが重要なので、チャンスはしっかり活かすことが大切だ。
さらにマッチングサイトを使う利点としては、全国に散らばるクライアントに対して、自分の足で営業して回らなくても出会うことが可能となるのが非常に大きなポイントだろう。自分の持つ人脈以上の人数のクライアントとの出会いが実現する、魅力的なツールだと言えるはずだ。

また、クライアント側も、在宅フリーランスに依頼するのはメリットが大きい。人件費の節約はもちろん、大きな事務所を構える家賃、雇用人数分のPCや机や椅子などが不要となるからだ。こうしたコスト面での強みは、今後ますます在宅フリーランスの需要を支えるものとなるだろう。