収入と事務手続き

フリーランスとして独立をすると、自分で自由に仕事を取ってその対価を受け取れる。同じ仕事を会社を通して行えば、まずは会社に対価が支払われる。自分が受けられるのは給与規定分なのでどうしても少なくなるだろう。全く同じ仕事が独立後もできれば、どんどん収入はアップしそうだ。

しかし必ずしも同じ仕事が受けられるとは限らない。仕事の量と収入の不安定さが問題になる可能性がある。改善案としては、固定的な顧客と流動的な顧客を作ると良いかもしれない。固定的な顧客があれば、必ずその仕事があり、一定の収入も確保できる。最低限の生活が可能になる。その上で営業をして流動的な顧客獲得を考えてみよう。顧客から別の顧客に紹介してもらえる可能性も高まるだろう。

サラリーマンとして仕事をしていると、いろいろな手続きを会社が行ってくれる。社員は自分の仕事に専念できるような仕組みになっている。フリーランスは、会社が行っていた手続きを自分でしなくてはならない、それが大変で本業に影響が出る人もいるようだ。
社会保険などは最初の手続きさえしておけば後は支払いの問題だけだ。一方確定申告は多くの人が苦労する手続きで、1月から3月まで仕事に集中できない人も多い。改善策としては税理士などの専門家に依頼する方法がある。コストはかかるが、適切な節税対策やお得な税制を教えてもらえる可能性がある。その他自分で行うなら会計ソフトを活用してみよう。経理が苦手な人でも簡単に経理事務ができるので、苦労せず確定申告ができる。